男性の健康と医学

今、若年男性層に広がるEDの見えない実態とその解決策

若年性ED

若年性EDの現状

ED勃起不全の予防と治療は1にも2にも自分の下半身事情を把握しないことには始まりません。

当たり前のことですが、つまり現状を把握することが重要なことになるわけです。

これは35歳から39歳までの男性100人を対象に「若年性EDの実態」に関するアンケートを行った結果ですが、 EDに対する認識があまりにも低いという現実が浮き彫りになってきました。

大きく3つの質問をしました。

1つは自分はEDで治療が必要だと感じていますかはという質問ですが、これに対して感じているという回答はたったの9%でした。

それに対してもしかしたらそうかもしれないと思っているという回答が26% 、絶対にEDはないと言う自信があるという回答は65%でした。

そして次の質問は挿入の持続時間相手の女性の満足度等、自分のセックスに自信はありますか?という質問に対しては13%が自信があると答え、 54%がどちらともいえない。そして33%が自信がないという回答でした。

1つ目の質問では実に65%が自分のEDの可能性をわりと否定していました。これが本当なら特に治療の必要もなく、実に頼もしいことです。
その一方で2つ目の質問では90%近くの男性が自分のセックスの内容自体には確固たる自信を持っていないということがわかります。

これはおそらく「男性機能のほうは大丈夫だと思うけど、挿入時間やテクニックは胸を張れるほど自信がない」というところではないでしょうか。

ところが気になるのは次の3つの質問の回答です。その3つ目の質問とは「最近、自分の下半身事情で悩みはありますか」という質問だったのですが、この質問に「はい」と答えたのが68%にもなり、「いいえ」と答えたのは32%にとどまったです。

質問の内容から「 ED 」という言葉を排除した途端に否定と肯定のパーセンテージが1つ目の質問と逆転してしまったのです。もちろん下半身事情は多岐にわたります。

例えば「早漏」 「包茎」などの悩みはEDとは無関係ですのでこのような結果になっても不思議ではありません。

しかしその詳細について質問してみるとそういった回答はごく一部で、多くを占めたのが、例えば「持続力がないとか、気はするけれども挿入時に萎えてしまう」あるいは「勃起時の硬さが弱くなってしまい挿入ができないことがある」「中折れしてしまい最後までいイケないことが増えた」

「浮気相手となら勃起するが、妻には勃起しなくなってしまった」「マスターベーションでは射精できるが、セックスでは射精ができない」等々の回答が非常に多くあるのです。

実はこれらはすべて立派なEDの症状であり、治療を要する可能性が大きい症状なのです。このような「一応勃起する」 「相手によっては(ほとんどの場合浮気相手)問題なくセックスできる」 「マスターベーションをできる」という状態が一番のくせ者で、だからこういう男性をEDとは無縁と結論づけてしまっては大きな間違いなのです。

EDに悩む女性達の慟哭

男性はEDになると、どうしても自分の殻に閉じこもりがちになります。特定のパートナーがいる人でさえ、自分から腹を割ってEDやその治療について話そうとする男性は少ないのです。

ここには「セックス観」に対する男女の性差が大きく横たわっているためだと思われます。

25歳から39歳の男性100人を対象とした「若年性EDの実態」に関するアンケートにおいて次のような質問をしてみました。

「自分はEDになってしまった場合、それを知ったパートナーの女性はどのような反応を示すと思いますか? 」この質問に対する回答としては57%が「特に気にしない」と答え、 28%が「一緒に治療する努力をしてくれる」8%が「自分には気付かれないよう1人で悶々と悩み悲しむ」 、残り7%が「自分に隠れて浮気する」「自分と別れようとする」等々という回答でした。

なぜ半数以上もの男性が「女性は特に気にしない」と思うのでしょうか。

女性にとってセックスは重要でないと思っているからでしょうか?

ちなみに女性向けの「恋人、夫婦仲相談所」に寄せられた悩みを見る限り、大多数の女性は「一緒に治療する努力をしたい」 「相手には気付かれないようひとりで悶々と悩み悲しむ」という回答をしているのです。

男性が思っているような「特に気にしない」というような女性はそれこそFSD(女性器機能障害)になっているか、もはやパートナーに愛情を失ってしまっているかのどちらかでしょう。健全な女性であれば性欲があるのは当然のことです男性パートナーと一緒にいればその欲望はさらに高まるものです。

日本人男性にはちょっとコンサバなところがあり、 「女性はそれほどセックスをしたくならないもの」などと思い込んでいるフシがあるようですが、それは偏見というもので女性からすれば、ぜひ改めて欲しいところでしょう。

日本人男性が自らEDについて話してならない背景に「そのうち治るだろうから、治療などという大層なことを考えずにそっとしておいてほしい」とか「 EDだからと馬鹿にされたりなじられたりするのに耐えられない」といった気持ちが潜んでいることは理解できます。

しかし「こういう理由でEDになってしまいセックスができない」という事を正直にパートナーの女性に行ってあげないと女性は「私はもう愛されていないのかもしれない」 「私のセックスが下手だからなの」などと、どんどん自分を卑下していく傾向にあります。

また、セックスに強いことが男の象徴なんて思っている女性は今の時代にはほとんど存在しません。
男性はEDになってもパートナーとの関係を壊さないよう積極的に治療することを考えることの方が大切なのです。

器質性勃起不全と心因性勃起不全

EDには大きく分けて器質性EDと心因性EDの2種類があります。そもそも勃起は性的刺激による興奮が神経を通ってベニスの勃起神経に届くことによって起こるもので治療方法も違います。

その際、陰茎の海綿体に血流が増すことによって固く大きくなるのです。

つまりEDとはこの一連の中ではスムーズに行えななくなっている状態なのです。その中でも体そのものに何らかの問題があって起こるEDのことを器質性EDと呼ばれ、一方身体には何の問題もないのに、様々な精神的要因から起こるEDのことを心因性EDと呼ばれ治療方法も違います。

若年層に多く見られる要因がこの心因性であり、いわゆる不安やストレスです。

大脳の興奮によって認定は勃起しますが、不安やストレスはこの大脳の興奮を抑制してしまいます。たとえセックス中であっても不安やストレスを感じさせることが頭によぎれば大脳の興奮は遮断され、陰茎は萎えてしまうのです。

気がかりなことがあり、興奮が妨げられるのことなんて誰にでも起こりそうな現象です。心因性EDはこのように実に身近なものなのです。

若年性EDの場合、その90%は心因性EDに該当すると言われています。専門医によると「直立した体に対して直角を90度としたとき、最大の勃起角度が90度以上ならセックスが可能な陰茎硬度があると考えられるのでその場合は姿勢ではなく心因性EDを疑いその治療方法全く違います」といいます。

途中で萎えてしまうなんて陰茎に問題があるのではないかと思っている人でも若年層なら最大勃起時にはそれなりの角度を保っていると言われています。となればやはり心因性EDの可能性が高くなってくるわけです。

一般的に考えても若年層が糖尿病や動脈硬化などといった器質性EDの原因となる様な病気にかかる確率はかなり低いと言わざる得ないのです。そのため若くしてEDの自覚症状がある人は心因性EDを疑ってまず間違いないでしょう。

ただし既にメタボリック気味だという人は早期から器質性EDに注意し、治療を検討した方がいいかもしれません。

器質性勃起不全の予防

メタボリック症候群から生活習慣病となりイージーとなってしまうというような悪しき連鎖を避けたいならば、たとえ一人暮らしだったとしても不摂生な生活はご法度です。その治療方法は心因性EDとは全く違います。

塩分や執行部の高いコンビニ弁当は外食はなるべく避けジャンクフードなどは出来る限り控えるべきでしょう。器質性EDの場合、その治療よりもまずはEDになる前の予防は大切です。

今のところメタボリックとは無縁という人でも日常生活の中で器質性EDにならないよう気をつけるべき点はたくさんあります。その一つはデスクワークで座ってばかりいること」なのです。

専門の先生によると、器質性EDの原因の1つとして単純に運動不足になってしまっているという問題があります。これはメタボリックになりやすくなりますし、ひいては生活習慣病後児錫少なれます。

実際に若い人の生活習慣病は増加しています。またずっと座ったものの姿勢でいることが血の循環が悪くなる原因になります。勃起と血流は密接な関係にありますからそういう状態を長時間続ける事ははどう考えてもよくないことだということです。

漢方的治療の観点からもデスクワークには大きな問題点があるそうです。ある鍼灸師の先生によると頭を使いながらデスクワークなどで目を酷使すると脳に過剰に血流が流れ、充血している状態になります。

こうなってくると相対的に下半身の機能は弱まって行きます。結果としてEDの原因となるわけです。また本格的な解釈からしてもデスクワークはEDになる危険性を秘めています。

ちょうど椅子に座るときにあたる坐骨には坐骨神経はもちろん、骨盤の中央にある仙骨の内部から繋がる下腹神経、骨盤神経節、陰茎海綿体神経などは通っています。

長時間座り続けることで骨盤底部の筋肉に麻痺が生じるとこの神経や血管が機能不全をきたし、結果としてepo引き起こしてしまうわけです。つまり長時間座らないことが器質性EDの治療にもつながるわけです。

しかし働き盛りの若年層にデスクワークを控えろと言うのはとても無理な話だと思います。だからこそ定期的に席を立ってストレッチをしたりトイレに行ったついでに車内はちょっと散歩してみるそれくらいの事なら簡単にできるはずですし、それが器質性EDの予防と治療にもつながるのです。

また最近はずっとパソコンに向かっているにもかかわらず帰宅後にもゲームネットサーフィンに興じ、就寝近くまでパソコンにかじりついてるというライフスタイルの人が増えています自宅に仕事を家帰ってパソコンで作業する人も多いでしょう。

これはまさにITツールの発達による弊害といえます「 ITはEDの最大の原因であり、治療を困難にしている要因でもある」というのが私の見解です。

心因性勃起不全の原因

心因性EDについては実に様々なパターンがあるのですが、その中でも本人はなかなか自覚できず、かつ現代社会に広く蔓延しているものといえば、 「仕事によるストレス」と言えるでしょう。
働き盛りの若年層に仕事のストレスがないわけはありません。

心因性EDにも治療薬で対応

心因性EDについては実に様々なパターンがあるのですが、その中でも本人はなかなか自覚できず、かつ現代社会に広く蔓延しているものといえば、 「仕事によるストレス」と言えるでしょう。働き盛りの若年層に仕事のストレスがないわけはありません。

仕事のこと考えるとセックスの頃の気分では無いとかセックスの最中に、明日に控えている大事な仕事が頭にちらついて萎えてしまったというような経験のある人も少なくないと思います。精神的な余裕がないと性欲というものは沸きづらいものです。

平日は仕事で頭がいっぱいならセックスは土日に絞って頑張ろうというように簡単に割り切れるものでないものもわかります。

また結婚してお子さんがいらっしゃる人などは土日に家族サービスに徹しなければならず、夜には肉体的にもヘトヘト. .というのも典型的なケースでしょう。

このような心因性EDの治療についてもED治療薬の服用によって改善するのです「薬に頼るなんて」と思う方もいらっしゃると思いますが、もちろんカウンセリングと併用する場合もありますので詳しい事は専門医に相談してみましょう。

アロマテラピーが心因性EDに有効

ストレスを軽減し、リラックス状態になることが心因性EDのエイズ治療のための重要な要素にもなります。アロマテラピーは男性にはあまり馴染みがないかもしれませんがアロマテラピストのの資格取得を目指すOLは後が立たないほど巷ではアロマ人気が浸透しています。

最近では男性入店可能なアロマテラピーサロンも増えてきているので決して身構えるようなものではありませんのでEDの治療の一環として訪問してみるのも良いでしょう。

そもそもアロマテラピーとは何かというと、花やに果物の皮あるいは樹脂などから抽出した天然素材の精油を使いその芳香によって心と体の健康は。自然治療法のことです。

水を張ったアロマポットなどに精油を落としキャンドルなどで熱して揮発した時に出る香りを楽しむのが、それはちょっと面倒だという人もいるでしょう。

その場合は入浴などの際にバスタブに数滴たらしたり、ティッシュやタオルに少し垂らしておくだけでもOKです。このようなストレス軽減によるリラックス効果が心因性EDの治療のための1つの方法でもあるのです。

せっかくなのでここではより治療効果を高めるために、リラックス効果だけでなく、催淫効果もある声を紹介しておきましょう。

その代表的なものの1つに「イランイラン」というものがあります。
イランイランノキ

画像出典元:ウィキペディア(Wikipedia)

イランイランとは熱帯地方の花なのですが、これから作られた精油の甘い香りは神経系をリラックスさせ幸福感をもたらしてくれるといわれています。

その一方でエキゾチックな香りが男女を官能的な気分にさせるため、古来から媚薬としても使われています。このようなアロマテラピーも心因性EDの治療のための有効な手段と言えるでしょう。

心因性勃起不全のタブー

プライドを守る

前述したように女性達の率直な告白からもEDは、女性にとっても決して放置すべきものではないということがわかっていただけたと思います。ただEDについて男性ばかりを責めるつもりは毛頭ありません。

女性の言動によってEDは悪化してしまったり、 ED治療に向かう心が絞られてしまうパターンが少なからずあるためです。

まず第一に男性が身を削って働くのは妻や家族の将来のためでもあることを、女性は忘れてはいけません。 EDになるほど頑張っているのにその仕事自体を否定されるようなことを言われたら、 ED治療はおろか仕事に対するモチベーションまでも下がってしまいかねません。

見に覚えのある人もいるかと思いますが「仕事と私どっちが大事なの? 」という質問を男性は極端に嫌います。比べようのないものに優劣をつけさせようとする女性のナンセンスな思考に辟易するためです。

子作りの問題についても同じです。 ED治療のおける臆病さが先に立つなど女性ほど真剣にならない一面はあるにしても仕事と同列に扱って、子作りを下に見ているとというようなことは決してないはずです。

パートナーの女性はそのことを返していないならときには言葉で伝えることも必要かもしれません。 「このまま子供のいない人生を送ることになったらどうしてくれるの! 」かというような発言はあまりにも女性の独り善がりな発言です子作りが共同作業なら子育ても共同作業です。

夫だって仕事ばかりに時間をとられていることに焦りを感じているかもしれないのに完全に加害者扱いされてしまいます。

ここまで言われて一緒にやっていけるだろうかなどと自問自答しているかもしれません。

ED治療がデリケートな問題なら子作りもデリケートな問題なのですそのことを違いは忘れてしまうほど夫婦のバランスがずれてしまっているのなら無理してでも種類複利と話し合いの時間を持ちお互いのプライドを守るということを大切にしましょう。

そして、早めに軌道修正をすることが男性のEDの治療の第一歩になるのです。

セックス願望が最大の薬

EDの治療は「セックスがしたい」という願望がある人にこそ有効な治療です。

「EDは嫌だけどパートナーとの今後のセックス生活は思い浮かべることができない」という人には治療を考える前にパートナーとの関係自体を見直した方が良いかもしれません。

例えば仕事のストレスやドラマなどでEDになってしまったとしても、治療により1回セックスに成功すると、その後は治療なしに永続的にセックス生活をし出来る人も少なくありません。それはまさに「セックスしたい」という願望が存在するおかげです。

「セックスに乗り気じゃないけどパートナーはどうしてもというから仕方がない」などと言う人にももちろん治療は効果を発揮しますがその後にまたセックスレスからEDに戻ってしまう可能性が非常に高いのです。

パートナーのためのED治療にぴんとこない人は後者のパターンをすでに予想しているのではないでしょうか。こういった意味でED治療はパートナーへの気持ちを確かめるよい指標にもなるわけです。

この人のためにED治療をしたいと思えない、つまりそもそもセックスレスを改善したいと思えないという人は、それはもはや男女の関係が終わってしまっている気がします。

せっかくEDの治療に当たる以上はその治療効果を最大限生かせるように幸せな性生活を送るための環境作りも意識してほしいのです。未婚の男性なら、一夜限りの相手なり、新しい恋の相手なりとのセックスを備えたいと言う願望もいいでしょう。

とにもかくにもセックスを謳歌したいという前向きな気持ちこそがED治療の最大の妙薬であり、 EDからの脱却のために必要なことなのです。

最新薬事情

D治療薬と聞くと真っ先にバイアグラを思い浮かべる人が多いでしょう。アメリカに遅れること1年、日本では1999年にバイアグラの発売が始まりました。

アメリカで発売された当初からこの画期的なED治療薬は大きな話題を呼び、営利目的の個人輸入があまりにも横行したため日本で早急な商人につながったのです。

しかし 「男性を助ける夢のような薬」とマスコミやインターネットで触れる一方、不穏なニュースも瞬く間に広がりました。

ED治療薬バイアグラとは

バイアグラ

アメリカで発売された当初からこの画期的なED治療薬は大きな話題を呼び、営利目的の個人輸入があまりにも横行したため日本で早急な承認につながったのです。

しかし「男性を助ける夢のような薬」とマスコミやインターネットで触れる一方、不穏なニュースも瞬く間に広がりました。それは「バイアグラは心臓に悪く、服用すると死亡する危険性がある」というものです。

確かにバイアグラは発売当初は、死亡例の報道が相次ぎました。しかしそれはニトログリセリンという狭心症や心筋梗塞の薬と併用したために起こった事故ということです。

バイアグラとは発起人会をかけてしまう酵素の働きを妨げることで日記を促す薬ですがその際に少し欠陥が拡張子血圧を下げる作用があります。

そのため、ニトログリセリンのような硝酸剤.つまり心臓の負担を小さくするための心臓や全身の動脈を拡張させて血圧を下げる作用のある薬と併用すると血圧が下がったままになってしまう場合があるのです。

当然ですがED治療のためにバイアグラを処方する医師は、患者の健康状態や服用中の薬についてきちんと確認します。

バイアグラのパッケージにも併用してはいけない薬などの禁忌事項が明記されていますED治療薬は医師の処方箋が必要な薬なのに、安易に個人営業や知人からの譲渡などで服用したために死亡するという悲劇が起こってしまったのです。

ですから健康体の男性が医師の処方を受けて服用する分には、命に支障をきたすような問題はまず起こりえません。それなのに知識のなさから来る誤解とは怖いものです。

「バイアグラを飲み続けると心臓病になる」とか「酒と一緒にバイアグラを飲むとやばい」といった都市伝説のようないい加減な情報が、まことしやかに語り継がれているのです。

3種類あるED治療薬

日本ではバイアグラを含め3種類のED治療薬が処方されています。 「 ED治療薬が3種類もあるとは知らなかった」という人も多いでしょうが、今や自分の症状やライフスタイルに合わせて選択できるようになってきているのです。

色々試すチャンスがあるということはED治療薬初心者にとって頼もしいことだと思います。それぞれの治療薬の特徴や効果的な服用方法について簡単に説明しますので、自分が飲むとしたらどれが良いかシュミレーションしてみてください。

まずバイアグラですが、皆さんも写真などで1度はあの独特の青い錠剤を目にした事があるかと思いますが最も歴史が長いED治療薬といえばコレです。

ED治療の専門医にはすると「バイアグラは安全性のデーターが最も多く、処方率が最も高い薬です。まさに(信頼のバイアグラ)といったところでしょうか。

もともと狭心症の薬を開発する過程で生まれた薬という背景もあり、現在では心臓疾患の薬としても使用されています」服用後、ほとんどの人は30分以内に効果が出始め、その効果は4時間ほど持続できます。

有効成分が含まれる量の含まれる量が25 mg錠と50 mg錠の2種類があり、症状や服用後の効果を見て適切な方法決めていくというステップが一般的です。

次にレトビラというED治療薬ですがこのED治療薬は2004年に発売されています。当初は有効成分が10 mgのものだけだったのですが、 2007年に20 mgの高容量の扉も登場し、その効果の高さと持続時間がインキを読んでいます。

容量だけを聞くとバイアグラの方が多いのですが、 ED治療薬はそれぞれ有効成分が異なります。ですからバイアグラは50 mgでも容量ですが、レトビラは20 mgでも高容量となるのです。バイアグラでちょっと物足りなかったという人が高容量レトビラを試して効果を得るといったケースがあります。その次は2007年9月に登場したばかりの最も新しいED治療薬シアリスです。

ED治療薬3種類画像出典元:阪野クリニック

このシアリスは従来のED治療薬との違いは効果の持続時間はなんと36時間と圧倒的に長いことです。週末になれば休みの間中いつでも好きな時にセックスにトライできることから、海外では「ウイークエンドピル」と呼ばれています。

効果が出てくるのは服用後30分ほど経ってからですが特に食事の影響はありません。5 mg 、 10 mg 、 20 mg 、の3種類ありますがやはり容量が多いほど高い効果や持続時間が見込めます。薬の作用時間を考えると焦ってしまうとか、いいムードになってから自然な流れでセックスに持ち込みたいという人にはぴったりの薬です。

精力増強よる治療について

続いて毎日欠かすことのできない食事から精力増強による観点からEDの治療を考えていきます。精力増強効果のある食べ物の中で最も代表的なものといえば「牡蠣」でしょう。

牡蠣には亜鉛というミネラル成分が多く含まれていますが、この亜鉛は「精子を増やす」に「前立腺に働きかけ、生殖器の発達を促す。 」と言った男性の下半身には欠かせない働きを持っており、ED治療にも有効と言われ、別名「セックスミネラル」と呼ばれるほどです。

最近はコンビニ弁当やファーストフード店インスタント食品といった加工食品に含まれる合成保存料の食品添加物などの影響による現代人の亜鉛不足が懸念されています。

サラリーマンの多くもその乱れた食生活によって、無意識のうちに亜鉛を失ってしまっている可能性があるのです。そういった弊害を考えても、 ED治療の為にもやはり積極的に少しでも多くの亜鉛を摂取するべきなのです。

また牡蠣にはビタミンB 12も多く含まれており、これが不足すると勢力が衰えるといわれています。その他にも栄養ドリンクの成分としてお馴染みの、タウリンをはじめとする数種類のアミノ酸、各種ビタミン、グリコーゲンなど肉体疲労を回復させ精力増強にひと役買ってくれる成分がバランスよく含まれてると言うまさに無敵の「男性機能お助け食材」と言えるのです。

次に精力増強といえばやはりうなぎです。うなぎの最大の特徴はビタミンAが豊富なことで、チーズの4倍、玉子の8倍もの量が含まれているのです。

このビタミンAは免疫力を高めることがよく知られていますが、同時に精子の形成を助ける働きもあります。

また亜鉛も含まれていますし、ホルモンバランスを整えたり精力減退を防ぐのに効果的なビタミンEも含まれています。

さらに血流を良くし、動脈硬化を予防するといわれるEPAという成分も含有しています血流はのんきに欠かせないものですから EDの予防治療にはトータル的に優れた食材といえます。

体調不良や疲労で勢力の減退をしているように感じれば土用の丑の日なくてもちょっと奮発して鰻をもりもり食べましょう。

投稿者プロフィール

1 150x150 - 今、若年男性層に広がるEDの見えない実態とその解決策
山本美容皮膚科クリニック院長
山本美容皮膚科クリニック院長
【経歴】
岩手医科大学医学部で皮膚科学科卒業
岩手医科大学付属病院 形成外科勤務
山本美容皮膚科クリニックを開院
【資 格】
医学博士
日本形成外科学会専門医
レーザー医学会指導医
日本形成外科学会会員日本頭蓋顎顔面外科学会会員
ABOUT ME
山本美容皮膚科クリニック院長 【経歴】 岩手医科大学医学部で皮膚科学科卒業 岩手医科大学付属病院 形成外科勤務 山本美容皮膚科クリニックを開院 【資 格】 医学博士 日本形成外科学会専門医 レーザー医学会指導医 日本形成外科学会会員日本頭蓋顎顔面外科学会会員